忍者ブログ
[PR] ()
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

by
青い鳥 (ほんや映画など)
青い鳥   「青い鳥」 作:メーテルリンク 訳:堀口大學




誰もが知っているこの題名、内容はご存知だろうか?
もちろん、パン屑をまきながら森の中を兄妹で歩く物語ではない。
(上記はグリム童話「ヘンゼルとグレーテル」)
まあ、貧しいきこりの家庭の兄妹…という設定までは一緒なのだが。



クリスマスの晩、チルチル、ミチルという兄妹は、突然現れた妖女に「娘の病気の為に青い鳥を探して欲しい」と頼まれ、おおきなダイヤモンドを渡される。
なんと、その妖女から譲り受けた大きなダイヤモンドを回転させると、物事の本質がよく見えるようになるのだ!
チルチル・ミチルの部屋でダイヤモンドを回転させたときに現れた、ランプの精「光」、パン屑の精「パン」、愛犬チローの精「イヌ」、猫の精「ネコ」、「火」「水」「砂糖」などと共に、青い鳥を探しに旅立つ。

一同は、青い鳥をもとめて、「思い出の国」「夜の御殿」「森」「幸福の楽園」「未来の国」を巡り歩くが、最終的に幸福の青い鳥がいたのは…?



という、オチはだれもが多分知っている物語。
作者メーテルリンクは、様々な比喩を用いて「本質」を描写する。



ものをはなせるようになった愛犬チローの台詞がうまい。

『坊ちゃん。おはよう。坊ちゃん。おはよう。とうとう、おはなしできるようになりましたよ。』

(チルチルがイヌをおとなしくさせるために、イヌを打つ)『あなたがお打ちになったから、よけいキスしなくっちゃ』(乱暴にチルチルにキスしたり、なめまわしたりする)

…このイヌの感じ、すごいわかる。


劇中、幸福についての哲学がちりばめられている。
なんとなく思っていても、言葉にして具現化できなかった哲学が、たくさん。


すごく古い作品だけども、ほんとに優れた文学。
物事をわかりかけてくる高校生ぐらいに読みたかったなあ、なんぞと思いました。


(しかし、兄のチルチルがずっとしゃべっているのに対して、妹ミチルがほとんど空気になっている件について、ずっとツッコミたかったです)

拍手[1回]

PR
by みやなが なおTrackbacks(0)Comments(0)
Comments
Comment Form
Subject

Name

Mail

Web

Pass
Comment

Trackbacks
Trackback Address
いらすとれーたー みやなが なお、フィットネスインストラクター 宮永 菜緒 の、いろいろ日記。
MASTER : みやなが なお
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[06/06 effilajesse]
[05/15 Backlinks]
[12/21 なお]
[12/20 TAEKO]
[12/10 なお]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
みやなが なお
年齢:
37
性別:
女性
誕生日:
1981/06/10
職業:
いらすとれーたー フィットネスインストラクター
自己紹介:
絵を描いて展示・販売をしたり、イラストの仕事をうけたり、ピラティスやトレーニングをいんすとらくしょんしたりしています

両方とも本業ですが、絵は創らないとしんじゃうんだとおもう。

バーコード
ブログ内検索
カウンター
OTHERS
Powered by [PR]
Designed by TABLE ENOCH